×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ロレックスの歴史とその人気

ロレックスは元々英で創業したが、時計関税が高額だったためスイスに拠点を移した経緯がある。実用的な機械式腕時計メーカーとして不動の地位を築き、今日に至っている。ロレックスは1970年代のクオーツショック後、スイスの時計メーカーが次々と外製ムーブメントに切り替えて生産を行う中で、現在も全製品自製ムーブメントで生産していると言われている。また、ロレックスはコピー商品が多いことでも有名である。ロレックスには多様のモデルが存在し、ミルガウス、デイトナ、カメレオン、サブマリーナ、エクスプローラーなど不動の人気を誇っている。歴史の古さからアンティークとしての価値も非常に高く、ネット上では何百社というほどのロレックス中古ショップが存在する。さらに、ロレックスは多くの本数が出回っているだけに、修理やオーバーホールへの感心も高い。日本ロレックスがその技術を公認したショップもあり、修理・オーバーホールはそういった「日本ロレックス技術公認店」に任せると時計が生き返ると言われている。

デイトナ、エクスプローラーの歴史と特徴

■デイトナ⇒1950年にロレックス・デイトナの起源となるオイスタークロノグラフが登場した。当時のムーブメントはバルジュ72を使用。タキメータ部は文字盤に印刷。1961年、デイトナという名前のオイスタークロノグラフが登場。1970年に入るとムーブメント精度が上がり、アンチショック機構が追加、スクリューロック式になり、50m防水となった。このモデルアップによりデイトナ特有のスポーティなイメージが確立された。1980年台にはプッシュボタンを持つタイプも現れた。現在アンティークと言われるデイトナはここまでのモデルである。

■エクスプローラー⇒ロレックスのスポーツ系モデルとして人気が高いエクス・プローラー。登山家エドモンドがエベレスト初登頂時に使用した為、エクスプローラーは探検家用モデルとしても有名。エクスプローラーシリーズTは日付なし、三針式でロレックス社のスポーツモデルの原点。Uは日付あり、四針式で洞窟探検家用として用いられる。

⇒ロレックスセールならこちら!


ロレックス 偽物の見分け方

人気のロレックスだけに、偽物も数多く出回っているのが大きな問題だ。単純に”偽物”といっても、見た瞬間スグに判断できる稚拙なものから、裏のフタを開けて(この場合、専用工具が必要だが)中のパーツを隅々までチェックしないと分からない精巧なものまで様々である。ここでは説明しきれないほど、多種多様のニセモノが存在しているのだ。”ロレックス”かどうかを見極める最も確実な方法は、日本ロレックスの営業所にオーバーホールをお願いすること。「偽物かどうか見て欲しい」と頼んでも良い返事はもらえないことが多い為、オーバーホールという名目で持ち込むのがベスト(オーバーホールしなくとも、見積もりをお願いするだけOK)。結果としてニセモノならオーバーホールを断わられるので、一発で判明する。また、近くにある質屋や買取店(クォーク、コメ兵等の有名店が良い)に買取査定を依頼するもの効果的な手法だ。
尚、日本ロレックスの営業所は以下の通り。

本社
〒100-8345 東京都千代田区丸の内2-3-2 郵船ビル TEL 03(3216)5671
札幌営業所
〒060-0005 札幌市中央区北五条西5-2 住友生命札幌ビル TEL 011(241)0852
仙台営業所
〒980-0021 仙台市青葉区中央4-10-3 住友生命仙台ビル TEL 022(264)2020
名古屋営業所
〒450-0001 名古屋市中村区那古野1-47-1 名古屋国際センタービル TEL 052(581)4747
大阪営業所
〒542-0081 大阪市中央区南船場3-9-10 徳島ビル TEL 06(6251)0900
広島営業所
〒730-0013 広島市中区八丁堀14-4 広島8丁堀第一生命ビル TEL 082(225)4400
福岡営業所
〒810-0001 福岡市中央区天神2-8-38 協和ビル TEL 092(741)1887

Copyright © 2008 人気のロレックス

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。